エンタメスクープ(SCOOP)/ 芸能人画像(水着画像)/ 芸能人熱愛/ 芸能噂話/ 芸能裏情報/ ドラマ関連/ ドラマ視聴率ランキング/

2007年秋ドラマ〜第1話目の視聴率ランキング のページを説明

2007年秋ドラマ〜第1話目の視聴率ランキング

今回のエンタメスクープ.netで取り上げるエンタメSCOOP情報は、みなさんの気になる2007年秋ドラマの第1話目の視聴率ランキングです・・・ranking

ドラマの第1話目の視聴率というものは、世間にどれだけ関心をもたれているのかがわかります。

今回はその注目が高いベスト5をあげてみました。

第1話目の視聴率はどうなったでしょうか・・・ranking



第5位 15.3%−フジテレビ系 「暴れん坊ママ」

ママ社会での虐めや、子どもに心を開いてもらえない母親など「現代社会の闇」とも言える部分を描きながら、軽やかなセリフとテンポで悲哀さを感じさせず、ときには腹を抱えて笑い、ときにはジーンと涙を誘う仕上がりになっている。

出演−上戸彩、大泉洋、ともさかりえ、片瀬那奈、山口紗弥加、日村勇紀、中山恵、向井理、澁谷武尊、音尾琢真、広岡由里子、瀬戸康史、岡本光太郎、東幹久、大和田伸也、岡江久美子 etc




第4位 15.7%−日本テレビ系 「働きマン」

単行本が4巻でシリーズ累計300万部を突破した大人気コミック「働きマン」が原作。「仕事は好きか?」「なぜ働くのか?」など、いざ質問されると即答できない疑問を視聴者に問いかける。大手出版社の豪胆社にある週刊「JIDAI」編集部には己の情熱すべてを捧げて仕事に没頭するエネルギッシュな28歳の女性編集者・松方弘子(菅野美穂)がいた。彼女は一度“男スイッチ”が入ると、たくましく力強いヒーローのような「働きマン」に変身し、あらゆる場面を乗り切ることができる。

出演−菅野美穂、速水もこみち、平山あや、佐田真由美、荒川良々、吉瀬美智子、野仲イサオ、吉沢悠、津田寛治、伊武雅刀、沢村一樹 etc




第3位 15.9%−日本テレビ系 「有閑倶楽部」

1981年に「りぼん」(集英社刊)で連載が開始され、現在も「コーラス」(集英社刊)誌上で不定期連載されている一条ゆかりさんの同名漫画が原作。主人公の松竹梅魅録役は、今作が連続ドラマ初主演となるカトゥーンの赤西仁が演じる。日本でトップクラスの家庭の子息令嬢が集まる名門校「聖プレジデント学園」。同校の学園生徒会“有閑倶楽部”に所属する個性豊かな超セレブ高校生6人が、大小さまざまな事件に首を突っ込み、それぞれの才覚を発揮して解決する痛快学園コメディーだ。

出演−赤西仁、横山裕、田口淳之介、美波、香椎由宇、鈴木えみ、鹿賀丈史、片岡鶴太郎 etc




第2位 21.0%−フジテレビ系 「医龍2」

かつて難民キャンプで世界レベルの救命医療チーム「メディカル・ドラゴン」を指揮した、抜群の腕を持つ天才心臓外科医・朝田龍太郎(坂口憲二)。大学病院に招き入れられた朝田は「チームドラゴン」を結成し、教授を頂点とした医局の権威主義と戦いながら患者を救い、バチスタ手術という高度な技術を要する心臓手術を成功させた。その後チームは解散したが、ある日「チームドラゴン」の再結成を訴える差出人不明の手紙が届き、再び「チームドラゴン」を結成することになる。そして、「医療と金」の問題が世間に渦巻く最中、彼らの前に新たな敵が立ちはだかる。

出演−坂口憲二、内田有紀、小池徹平、北村一輝、阿部サダヲ、水川あさみ、池田鉄洋、佐々木蔵之介、夏木マリ、岸部一徳、 etc




第1位 24.7%−フジテレビ系 「ガリレオ」

東野圭吾の作品の中でも映像化するのは難しいと言われた「探偵ガリレオシリーズ」を基にドラマ化。完ぺきに見えて変人という主人公・湯川学の際立ったキャラクターを、いかに魅力的かつ格好良く具現化するかに注目。対照的な濃いキャラクター2人を演じる役者も鍵となり、湯川学は実に4年半ぶりの連続ドラマ出演となる福山雅治が、内海薫は柴咲コウが演じ、この2人の掛け合いは見物です。

出演−福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、品川祐、林剛史、福井博章、伊藤隆大、高山都、葵、渡辺いっけい、真矢みき etc



4年半ぶりの連続ドラマ出演となる福山雅治の注目度が高い!

といった感じの第1話目のランキングでしたね。

そのほか、前作で高視聴率をマークした「医龍2」も幸先のいいスタートをしました。


ドラマランキングの裏話は→ ranking

| ドラマ視聴率ランキング

2007年秋ドラマ〜第1話目の視聴率ランキングは参考になりましたか?

エンタメスクープ情報に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
Google
エンタメスクープ.netのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]中田英寿、もはや過去の人?
>>[次]広末涼子 いきなり“ママ”の事情!?

エンタメ芸能スクープ&日々雑感のTOPへ
"2007年秋ドラマ〜第1話目の視聴率ランキング"のTOPへジャンプ

アクセスランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。